効果と注意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ホームホワイトニングを行い、早く歯を白くしたい場合は、毎日継続して行わなければなりません。その理由は、ホームホワイトニングの場合、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングと比べ、濃度の薄い薬剤を使用します。薬剤の濃度が低いので、実感できる効果が出るまで時間が掛かります。

マウスピースホームホワイトニングは、毎日マウスピースを歯に装着するようになっています。装着時間は薬剤濃度に関係していますが、濃度が薄いので、二時間以上となっています。場合によっては七時間ほどかかる事があるので、推奨されている時間は、就寝前となります。就寝前に装着し、寝ている間にホワイトニングが出来る事になります。

ホームホワイトニングの効果を実感できるまでには個人差があります。すぐに効果を感じる人もいれば、なかなか効果を実感できない方もいます。注意すべき点もあるので、しっかりと説明書きを見ましょう。

ホワイトニングでの注意点は、虫歯や歯周病が無い事です。もし虫歯が見つかった場合は治療を優先しましょう。また、歯周病もホワイトニングの妨げとなるので、ホームホワイトニングを行う前に、歯の健診を受診しておきましょう。そこで虫歯や歯周病の治療を優先し、完治した状態で行う事が必要です。

〈関連HP〉http://www.sbc-dental.com/osaka/
大阪でホームホワイトニングができる‟美容歯科SBC”のサイトです。

実施すべき期間と頻度

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ホワイトニングをやろうと考えた時に持つ疑問が、ホームホワイトニングに掛かる期間や、白さを維持できる持続時間です。また、どのくらいの白さを実現できるのか、それに掛かる頻度等、自分でやろうとすると色々な疑問が出てきます。

歯医者基本的に、ホワイトニングは、一度や二度では出来ません。人から歯が白いと言われるまでには、数回のホワイトニングが必要と言われています。薬剤によっては一度で白くなると説明書きがありますが、一度で白くする場合、一般的には薬剤の濃度を濃くし使用する事になります。しかし、その場合は知覚過敏になる可能性があるので注意しましょう。知覚過敏や痛みを伴わないようにするために、適切な濃度で数回に分けてホワイトニングする事が良い方法と言われています。

実施すべき機関と頻度は、ホワイトニングを行う種類によって異なります。オフィスホワイトニングと言い、歯医者さんで行う場合は、色戻りがしやすい方法ですが一回の施術で半年程度の持続です。このホワイトニングは、薬剤を塗り、光を当てる時間に制限があるので、歯の奥まで薬剤が浸透しない事が原因です。また、ホームホワイトニングの場合、歯医者で作成したマウスピースを使用します。マウスピースにジェルを塗り、歯に装着します。自宅で出来るのと、目立たないので通勤中にも使用する事が出来るので、人気があります。所要時間は2時間程度ですが、費用は少々高めです。

自宅でホワイトニング

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

人が笑顔になった時は、歯が見えます。その歯が白い人はとても印象が良く見えます。しかし、黄ばんでしまっている場合、あまり印象はよくありません。多くの方は、歯を白く保ちたいと思っています。いつまでも白い歯でいたいと思うのは当然なのです。

歯を白くする事をホワイトニングと言います。テレビコマーシャル等でよく使われる言葉ですが、ホワイトニングというのは、歯医者さんで行うのが一般的ですが、実は自宅でも簡単にホワイトニングが出来るので、今では自宅でのホワイトニングが話題になっています

ホワイトニングホワイトニングを行う際、注意したいのは、着色してしまった時の原因追及です。着色の原因、種類によってその対処法が異なるので、適切な対処を行うためには、その原因を追及しましょう。また、黄ばみの原因をしっかりと把握する事により、適切な方法を選択できるので、綺麗な歯を手に入れる事が出来ます。さらに、着色の原因によっては、自宅でホワイトニングが可能になるので、歯医者さんに通う事なく白い歯を手に入れる事も可能となります

ホワイトニングを適切に行う場合、原因の追及が必要になりますが、先ずは歯医者さんに行き、黄ばみの原因を突き止め、ホワイトニングについてアドバイスを求めるのも良い方法になりますが、出来るだけ自宅でホワイトニング出来る方法を探してみましょう。自宅でホワイトニング出来ると、歯医者さんに通う事もないので、経済的にもやさしく、ホワイトニングに掛かる時間もそれほど多くはありません。続いては、実施すべき期間と頻度について説明します。