実施すべき期間と頻度

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ホワイトニングをやろうと考えた時に持つ疑問が、ホームホワイトニングに掛かる期間や、白さを維持できる持続時間です。また、どのくらいの白さを実現できるのか、それに掛かる頻度等、自分でやろうとすると色々な疑問が出てきます。

歯医者基本的に、ホワイトニングは、一度や二度では出来ません。人から歯が白いと言われるまでには、数回のホワイトニングが必要と言われています。薬剤によっては一度で白くなると説明書きがありますが、一度で白くする場合、一般的には薬剤の濃度を濃くし使用する事になります。しかし、その場合は知覚過敏になる可能性があるので注意しましょう。知覚過敏や痛みを伴わないようにするために、適切な濃度で数回に分けてホワイトニングする事が良い方法と言われています。

実施すべき機関と頻度は、ホワイトニングを行う種類によって異なります。オフィスホワイトニングと言い、歯医者さんで行う場合は、色戻りがしやすい方法ですが一回の施術で半年程度の持続です。このホワイトニングは、薬剤を塗り、光を当てる時間に制限があるので、歯の奥まで薬剤が浸透しない事が原因です。また、ホームホワイトニングの場合、歯医者で作成したマウスピースを使用します。マウスピースにジェルを塗り、歯に装着します。自宅で出来るのと、目立たないので通勤中にも使用する事が出来るので、人気があります。所要時間は2時間程度ですが、費用は少々高めです。